シミの基礎知識・できる原因

一言でシミといっても、実はシミにはいくつか種類があります。ここではシミの種類とできる原因をご紹介していきましょう。

なぜシミができるの?

シミができるほとんどの原因は、紫外線の影響と言われています。紫外線によって色素形成細胞(メラノサイト)が刺激を受けることで、メラニン色素が生成されます。これは細胞が炎症などを起こすことで、DNAが破壊されたり、変異して、細胞が死んだり悪い細胞に変異するのを防ぐために、表皮の一番下にある基底層のメラノサイトは、メラニン色素を産生し傘のような役割をすることで、真皮に紫外線が届かないようにブロックをするのです。これらが表皮にある細胞を黒くするのです。例えば、日焼けをして肌が黒くなるのもこの状態です。
肌が健康でターンオーバーが整っていれば、メラニン色素が作られても角質層まで押し上げられ、やがて剥がれ落ちていきます。例えば、若い頃は、部活で日焼けして真っ黒になっても、時間がたてば元の色に戻りますね。
ですが、年齢とともに、ターンオーバーが不安定になってきたり、紫外線を常時浴びている状態になるとメラニン色素の排出がうまくできずに肌に残ったままになります。肌に残って沈着してしまったメラニン色素が、「シミ」となるのです。

シミの種類

では、シミの種類と原因を見てみましょう。一口にシミといっても、いくつか種類があり、原因や形状も異なります。

1)老人性色素斑

紫外線を浴びつづけることによって起きる老化現象の一種。できやすいのは、露光部といわれる、紫外線を浴びやすい顔、腕、デコルテなどで、日本人では通常40歳前後から増えやすくなると言われています。形状は、数ミリから数十ミリの大きさで、薄い茶色の円状です。これらは、若い頃から浴びた紫外線が堆積し、外に現れてきた結果ですので、予防には日常的に日よけのケアをすることが必要です。

2)肝斑

女性特有のシミ。顔に表れる薄い褐色のシミで、特徴としては、頬や、額、下顎部分などに左右対称にぺったりと張り付いたように見えるシミのことをさします。主には30~40代の女性によく見られ、女性ホルモンと関係があると言われています。妊娠時や出産前後、更年期やピル服用時に出現することが多く、閉経とともに消える場合もあるようです。治療法としては、トラネキサム酸が有名です。一方で、肝斑は、他のシミと異なり、レーザー治療を用いると悪化することが多いようです。

3)そばかす

顔面、鼻周りを中心に顔全体にできる細かい斑点のようなシミのことを指します。雀卵班(じゃらくはん)とも呼ばれている物です。欧米人に多く、遺伝的な要素が高いので、他のシミと異なり、小さい子供の頃から出ているものがほとんどで、思春期、大人になるにつれて、薄くなってくる例も多いようです。しかし、発生後は、紫外線の影響を受けて、量が増えたり、色が濃くなったりすることもあります。

4)炎症後の色素沈着

ニキビをつぶしたり、炎症を起こす赤ニキビ、虫刺されの傷などの炎症で、 細胞が破壊されると、炎症を起こした箇所は、新しい細胞を作る機能が衰えることがあります。そのためその箇所の皮膚のターンオーバーがが正常に行われなくなり、メラニン色素が定着してしまうことがあります。それが炎症後の色素沈着によるシミです。